UENO TOWEL | 株式会社ウエノ

ウエノの"ものづくり"

About Us

繊維1本1本に泉州タオルにしかないこだわりが詰まっています。

泉州エリアに伝わる後晒製法とは、

織りやすくするために糸にノリやロウなどで強さを増しています。

糸に付いた不純物を取り除き白くする工程をタオルを織った後に行います。

タオルの製造工程

泉州タオルは、清潔で簡単に縮まず『綿』本来の優れた吸水性をいかせるのです。

良質な和泉山脈の地下水に恵まれ、さらし・染色加工に最適で発色も良いのです。

世界中のお客様に知っていただき、愛用していただきリピートしていただけるよう
これからも、安心・安全・高品質なタオルづくりを続けてまいります。

タオルのお手入れの仕方

洗濯はたっぷりのお水で

洗濯機いっぱいに洗い物を詰めて洗濯するよりも、たっぷりの水を使い洗いましょう。
一緒に洗うものによっては、毛羽落ちが増えたり、絡まってパイル抜けの原因になってしまいます。

風通しの良い日陰がオススメ

長時間の直射日光は、繊維を固くし、紫外線が色を褪せさせてしまいます。
タオルをパタパタとよくふってパイル(ループ)をよく開かせ、風通しの良い日陰で干しましょう。
パイルが空気を含みふんわりとした柔らかさを保つことができます。

糸がとびだした時は...

糸引きや糸切れを見つけたら、引っ張らずにハサミでカットしてください。